宮下奈都さんの小説にはまっています。特に好きなのが「よろこびの歌 」と「終わらない歌 」の二作品。音楽の高校に受かるものだと疑いもしていなかった主人公。高校受験に失敗して、音楽に関係がない普通科の高校に進学する。進学先でも、受験の失敗を引きずりつづけ音楽の ...