災害にあった時に頼りになるのは何だろう?とたまに考える。

今はなんでもスマホで調べることが出来るけれど
災害時はもちろん使えない。

・・・私なりの答えは、
「直観力」「直観が正しく使えるこころの強さ」「体力」
だと考えている。



私は、どちらかといえば直観力がある方のような気がしている。

例えば。
今日銀座で働いている昼休みの間に
寄稿をしていただく方から教えていただいた画材やさんにいった。
「新橋よりの銀座なんですー、大通りではない道沿いで。」
という住所も道の名前もしらない情報だったのだけれど、、、
「ここ!」と思ったところで曲がったら、正面にひょっこり画材やさんが。

磁場がくるってしまっている東京のGPSよりも
自分の直観の方が正確なんじゃないか、とふと感じた。
そして、これなら何かあっても死なないんじゃないか、と。
(本当に災害、となれば直観だけでなく普段からの備えも大切です。)

とはいえ、直観だけで生きている訳ではなくて
調べたり、思考したりした方がいいときも多いですし
文明の利器もつかいます。

けれども、文明の利器に頼り過ぎていると
いざというときに自分の根本的なチカラみたいなものが起動しないんじゃないかと
危機感ももっています。

それで本当に、本当に大丈夫なのかな?って。



だからたまには、自分の直観に従って行動してみる。

直感ではなく、正しい「直観」に従うのって実は難しいことなんです。
間違ったり、勘違いだったりを繰り返して学んでいくこと。

お休みの時だけでもいい、
思考は少しお休みして
直観の導かれるままに過ごしてみるのはいかがでしょうか。

あなたの中に眠っている、根源的なチカラが起動するかもしれませんよ。