Creative Light~美しい人とものたちを編んでつくる世界~

「こころ♪生きる♪くらし♪」というWebメディアを運営しています。起業と旅と暮らしのきろく。

April 2017

数年前にWashintonDCを訪れたことがある。

真夏の痛いくらいの日差しの中、市内の主要な場所を観光してまわった。

 

それなりに海外を訪れたことはあるし、少しばかりの間イギリスにいたこともある。

 

けれども、その時に初めて「日本とは違う文化圏である西洋」というものと出会った気がした。

 

なぜか?

 

それは、市内のあちらこちらに、平和を祈るモニュメントや誓いのようなものが書かれた石板が点在しており、その量とパワーに圧倒されたからである。

 

西洋の文化は、永遠に何かを遺したい、忘れたくないと考えたときに

物理的に堅甲なものをつくり、言葉を刻もうとするのだ、と感じた。

 

 

現代は、日本でもモニュメントの類はもちろん見かける。

 

けれども、日本人の本来的な文化には、馴染んでいないように感じる。

馴染みのない文化のせいであろうか、街でモニュメントを見かけても、
どこか上滑りしていたり、忘れ去られた顏をしているようにみえてしまう。

 

 

では、日本人は忘れたくないこと・覚えていたいことをどのようにするのか?というと・・・
私の個人的な考えでは

暮らしの中に文化や習慣の形として、すべりこませているように思う。
あるいは、変化することすらも織り込んで持続するように設計されていように思う。(
ex.伊勢神宮の遷宮や神教には経典がないことのように)

 

静的であるが、どこかで有限がある持続性ではなく、
揺らぎはあるかもしれないが、動的な持続性があるという文化。

 

 

 

そして話は唐突に変わるが、
floracionを閉店することで、日吉のお店はなくなってしまうのは、まぎれもない事実。

  

けれども、それぞれの暮らしやお仕事や人生の中に、
floracionのかけらが、いつの間にかすべりこめていたのなら、それ以上に嬉しいことはありません。

動的な継続性で受けとめ、お見守りくださいましたら嬉しいです^^


 

floracionの戸塚営業時代からお世話になっております

enna Moon closetの関口扶美子さんによるスタイリングイベントを最終日も行います。

 
IMG_5445

 



自分を取り巻く環境から、沢山の影響をうけているわたしたち。

例えば、自分の住まいがぐちゃぐちゃだったら、自分の気持ちもぐちゃぐちゃしてしまったり。

 

それと同じか、それ以上に、身に纏うお洋服は私たちに影響を及ぼしています。

 

お洋服は自分の第二の皮膚でもあり、自分自身に触れるものであること、

そして、私という人間がどういう人間であるのか?を社会に対して視覚的に表現している手段でもあるからです。

 

自分自身に対する影響が大きいお洋服なのに、
お洋服選びについて悩んでいる方は想像以上に多いと感じています。

何を着ていいのか分からない。

自分の欲しいものを選べない。

好きと思うものを着る勇気がない。
etc

 

・・・でも、それって、もしかしたら

あなたがやりたい仕事・暮らしでも

同じようなことを思っていませんか?

 

お洋服が選べなければ、自分の好きなことも選べない。

好きなお洋服を着る勇気がなければ、自分のやりたいことをやる勇気がない。

とか^^

 

enna Moon closetの関口扶美子さんによるスタイリングは
その人の骨格がどうだ、体型がどうだ、肌の色がどうだ・・・

というようなことからおすすめのお洋服を提案するものではありません。

 

その人の Core(本質・資質)からみて、どのようなスタイルが合うのか、

ということを考えてスタイリングを行います。

 

その人のCoreをお洋服をつかって体現すること目的としているため、

お洋服を着用したときに、自分のそこからの喜びを感じる、
メールレポートを受け取ったときに涙が止まらない

などと言ったことも聞きます。

 

自分の本質をしることで、

自分のスタイル・求めるもの・好きな服が明確になります。

 

細かいセオリーを覚えるようなものではないので、
この効果は不可逆的であると私は感じていますよ^^

 

お洋服という手段で、ご自身の本質を
全身で体感しませんか?

 

詳細はこちらからご確認ください。

http://blog.goo.ne.jp/core_1986/e/218938eea05db0ea21706e780e5eb057




floracionのスタイリングイベントなどで、ものすごーーーーーくお世話になっている
enna∞Moon closetのふぅさんから電話があり、
本当に急なのですが、最終日5/14にスタイリングイベント開催します!!!!

私の都合によって閉店するにも関わらず、申し訳ないなとの気持ちもありましたが
オープン時からお世話になってきておりますので、お願いすることにいたしました。
詳細は追ってお知らせが彼女のブログよりあります。

そして、沢山の方から譲渡頂いておりますfloracionのお洋服ですが
enna∞Moon closetの関口扶美子さんに引き渡す方針で調整しております。(2017/4/29修正)

多くの方からのご支援を賜っているのにも関わらず、
私の一存で決めさせていただくことは身勝手かとは思いましたが
最も、お洋服の価値を生かしてくださる方、
そしてこれまでのfloracionへの関わり、など多角的に鑑みてのことです。
ご理解頂けますと幸いです。

なお、floracion→enna∞Moon closetの所有権の譲渡後は
寄贈された皆様とenna∞Moon closetとの間で、
お洋服に関するご要望、お問い合わせ等は一切お受けできかねます。
もし何か特別なご要望などあれば5/14までに
floracion佐藤(yoshimi.sato1220@gmail.com)宛にご連絡賜りますようにお願い致します。

取り急ぎご連絡までに。

では(*^^*)


家の神棚にある寒川神社のお札とふと目があったような気がする。

 

そういえば、昨年末の「もう死ぬんじゃなかろうか」というような時期に

寒川神社で祓っていただいたのに、それ以来御礼に伺っていないと気が付く。

決して近くではないのだけれど、翌日がお休みだったので寒川さんへ。

 

・・・こうやって、何かと神社に行きつけてしまう私は

やっぱりスピっこなんだろうか、と神社に向かう道中
少々もやりとした気持ちを抱えていた。

 

けれども、お祓いの待合室には「先神事」(先ず神事。=まずは神事が先で、他の事は後にすべし)という文字が高らかに掲げてあり、

それを見て私はなんだかふっと安心してお祓いに集中できた。

 

寒川さんは天井から鈴なりの鈴(ギャグみたいですみません)が沢山あって

お祓いの時にそれがしゃらららんと鳴りひびく。

鈴の音の川みたいなものが、体の中心を通り抜けるのが心地よい。

(社務所にて、鈴のミニ版を購入することができるのだけれど・・・いつも購入するかどうか真剣に迷ってしまう程。)

 

帰り際に引いたおみくじでも、神様にまで

「七ころび八起き」と言われてしまい、なんだか有難くて。

この決断でよかったはずだ、と思いつつも寂しさが混じるときは

いつも「それでいい」と200%のサインがかえってくる。

 

自分の意志が決して強い方ではないから

現実的な関係性の友人や尊敬しているひとや目に見えないものや・・・

そんな様々な層のお力添えを頂きながら生きています。


IMG_5447



…急なご報告となり申し訳ありません。

 

 

 

思えば営業していながらもいつも迷いがありました。

 

それでも、踏ん切りがずっとつきませんでしたが

 

ふっと静かに

 

「今の私は、大切なひとや大切なものたちを健やかに愛することができていない。

 

自分の実力不足だ。もう、辞めなくてはいけない。」と決断するに至りました。 

 

 

 

身勝手かとは思いましたが、閉めるという決断をしたのであれば

 

早い方がいいだろうと思い、5/14までの営業とする事にいたしました。

 

 

 

こちらの身勝手によりご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳なく思いますが

 

どうかご容赦頂けますと幸いです。

 

  

 

その他、細かいご連絡事項につきましては、個別に

 

ご連絡をさせていただきます。

 

  

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

5/13&14のハンドメイドアクセサリーの新作展示会は予定通り開催致します。

※恐れ入りますが、5/1-5は当初の予定通りお休みを頂きます。

↑このページのトップヘ